読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〜近田心平〜アコギ1本!全国放浪記 

金なし、コネ無し、人脈も肩書きも無しのシンガーソングライター近田心平が全国を歌い続けます。

【ライブレポート】長崎田園

16/5/21

佐賀から始発列車に乗って、向かう先は長崎県

当然、電車の中は爆睡。

 

 

長崎は母の生まれ故郷。

今も親戚が住んでいる。でも祖父母は20年ほど前に二人とも亡くなってからは、

実家に帰省するという習慣も無くなり、約20年、長崎に来ることはなかった。

 

今回の旅で必ず来たかった場所の一つ。

f:id:chikadashimpei:20160615141855j:plain

 

長崎は今日は晴れだった!!

 

駅前でアイスクリームのイベントが開催されていて、すごい盛り上がりでございました。

 

前日の朝までの酒盛りと旅疲れで、疲労困憊していたので

駅から無料で出ている送迎バスに乗り温泉施設へ

 

f:id:chikadashimpei:20160615141917j:plain

 

こちらで、ガッツリ昼過ぎまで休み、体力を回復。

現場へと向かいました!

 

長崎は坂が多いと一般的に言われてますが、

本当にその通りで、道のアップダウンが激しい。

破損した特大スーツケースを持っている身としては本当に移動がし辛い街。

登り坂はしんどいし、下り坂もまた、大変。

 

 

f:id:chikadashimpei:20160615142001j:plain

少し遠回りをして、眼鏡橋へ。

 

長崎の町並みを歩いていると、明瞭な記憶なんてものは当然無いけれど、

強烈な既視感に襲われた。

潜在的な何かが刺激された。

ここに来るのは初めてじゃない!

という不思議な感覚。

懐かしいとかそんな単純なものでは無い。不思議な感覚だった。

 

 

そんな超体験をしながら、今日の現場!田園さん

 

f:id:chikadashimpei:20160615142040j:plain

 

f:id:chikadashimpei:20160615142021j:plain

 

マスターのミヤショーさんは、母と同い年で隣の中学だったとか

なんと、共通の知り合いもたくさんいて、

なんとも不思議な1日となりました。

 

小さな店には入りきらないほどのお客さん!!

終始大盛り上がり!!

 

f:id:chikadashimpei:20160615142102j:plain

 

 

深夜には、ミヤショーさんの無茶振りに応えて

二人でセッション。

 

f:id:chikadashimpei:20160615142111j:plain

 

エレキを弾く私。

 

 

出会えた一人一人が嬉しい言葉をかけてくれた。

 

長崎の街はどことも違う魔界!

 

もっと、この街を知りたい。そう思える夜でした。

また帰るぞー

 

 

旅は終わらない

chikadashimpei.hatenablog.com