読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〜近田心平〜アコギ1本!全国放浪記 

金なし、コネ無し、人脈も肩書きも無しのシンガーソングライター近田心平が全国を歌い続けます。

ファンクラブを開設しました

【祝ファンクラブ開設しました】

 

シンガーソングライター近田心平です。

この度、CAMPFIRE様を通じて永続的に活動支援、協力を募るためのファンクラブを開設いたしました。

 

camp-fire.jp

渋谷のCAMPFIRE本社でスタッフの方と一緒に立ち上げました。

f:id:chikadashimpei:20160907134910j:plain

 

月額500円から参加可能な本ファンクラブでの交流、発信を通し

ライブ会場というライフワークとなる一番大切な現場と

FACEBOOKTwitter,blogなどのネット上での発信、交流媒体の双方を補完する場として、

 

お金や時間の不足により、満足行く活動が出来なかった

私のようなセルフマネージメントしていたアーティストが、

より、安定して表現活動出来るようになればと考えています。

f:id:chikadashimpei:20160907135311j:plain

 

 

「行けないけど頑張ってください問題」

twitterなどで、度々議論になる「行けないけど頑張って下さい」問題。

 

正直、FACEBOOKでイベント招待一つするのもすごく神経を使います。

 

matome.naver.jp

 

ミュージシャンに限らず、すべてのステージに立ってライブ活動を行う

すべての表現者の悩みの種は「集客」です。

 

上記の議論には様々な意見がありますが、

私は「行けないけど頑張って」という声をかけてくれる人達の声は

すごくありがたいし、そのような声に励まされています。

 

 

しかしアーティストの現状として

動員数=利益

なのです。

客が来なけりゃ、ギャラは出ない。むしろ赤字です。

 

このジレンマに常に悶え、悩みながら我々は活動しています。

 

 

「じゃあしっかりと人気者になって、常に安定した集客をすればいい」

その通りです!これが答えです!!

 

今まではこれで議論が終了し、

集客方法のノウハウや、効果的な宣伝方法を書いたサイトやブログが

人気を集めています。

 

そして、それらに決まって書いてあるのはSNSを有効活用せよ!

などばかりです。

 

 

「行けないけど頑張って下さい」が問題視されたのは、

 

ライブに実際来る人=顧客

SNSだけの人=金にならない人

と単純な二面構造になっているからだと考えました。

 

ライブに来やすい環境整備と併せて

行けないけど応援してくれる人が応援しやすい環境整備も必要では無いかと

常に頭を抱えました。

 

ネットは、無料という大前提の中で、

広告収入という概念が生まれ、

ネットでマネタイズするにはyoutubeやブログでの広告収入のみでした。

 

 

コンテンツやパッケージが売れなくなったと言われますが、

ライブに直接来るという体験の需要は増えています。

 

では、ネット上やSNS上でのやり取りは虚構世界で空虚でしょうか?

住んでいる地域、仕事、家庭、様々な問題から

頻繁にライブに来れない人もたくさんいます。

 

都市部では同日にイベントが重なることがしばしばあります。

 

CAMPFIREでのファンクラブを通して、

応援、育成の追体験をしてほしいと思っています。

 

月額500円から出来る支援で私を監視し、

ライブに直接来て確認をしてほしい。

 

改めて、協力を募ります。

 

camp-fire.jp